毛抜き カミソリ ダメージ

毎日使う毛抜きやカミソリが肌に与えるダメージ

ムダ毛がいくら生えていても、自分で毛抜きやカミソリで処理をしてしまえばいいと思っている方も多いと思います。こういった自己処理ではすぐにムダ毛が生えてきてしまいますが、入浴中などに毎日処理していれば安心という方もいるでしょう。確かに、毛抜きやカミソリを使ったムダ毛処理は、コストもかかりませんし、なんと言っても手軽です。自分で気になる時にムダ毛を処理出来るのですから、サロンなどに行く手間も時間もかかりません。

 

だけど、毛抜きやカミソリを使った自己処理と言うのは、肌に大きなダメージを与えてしまいます。毛を抜くということは、生えているものを無理やり引っこ抜くということです。毛穴から無理に毛を抜けば、当然ですが毛穴にダメージを与えてしまいます。

 

そのため、開いた毛穴に汚れが詰まって、黒いブツブツになってしまったりするんです。さらにひどい状態になると、毛穴が傷ついて塞がってしまい、休止期が終わったムダ毛が生えてきた時に出口がなくなってしまいます。そうなると、皮膚の下でとぐろをまくようにムダ毛が成長して、埋没毛という状態になって処理が出来ない状態になることもあるんです。

 

また、カミソリを使っていると、要は肌の表面を剃っている訳ですから、細かい傷がたくさんついてしまいます。肌表面が傷つくと、そこから雑菌などが侵入しやすくなるため、肌トラブルを引き起こします。それに、肌を削り取るということは、表皮のバリア機能を低下させるので、内部の潤いが逃げてしまいます。だから、乾燥肌も引き起こすことになるので、とにかく毛を抜いたり剃ったりするのは止めましょう。